*… BGM : "Walting Matilda" の歌詞は… ふらっぐ♪ ← ここをクリック …*


公衆電話と自動販売機




オーストラリアに来たての頃、不思議に思った事があります。
それは、日本では当たり前のように何処にでもある、『 公衆電話 』と煙草やジュースなどの『自動販売機』が、
ここでは滅多にお目に掛かれないこと。^^;
ショッピングセンターやホテル内にはもちろん置いてあるけど、道端には殆どない。
街中の繁華街では目にするが、ちょっと裏道に入ったり、街から外れると探すのに たぁ〜いへん。^^;

初めは単に『 文明の発達してない国なのだろうか・・・ 』と思っていたけど、理由を聞いて納得。
理由は簡単「壊される!!」から。(笑)
オーストラリアでの携帯電話の普及率が高い理由として、『公衆電話が少なく、あっても壊されているから』が
挙げられているくらい。
また 「壊す」だけにとどまらず、マシーンの中のお金も盗ってしまう。^^;
いわゆる、盗む為に壊すのだ。
以前住んでいた某(笑)リゾートホテルの自動販売機も、何度 壊され、お金を盗られた事か。(爆)
たとえリゾート内でも、野外に置いていたのが悪いんだけど・・・。(苦笑)

ということで、オーストラリアを旅する時の注意点をひとつ・・・
『街から外れると、電話とジュースに苦労する。』 これ、忘れないでね。(笑)

アメリカも同じだって聞いたことあるけど、つくづく日本は安全な国なんだなぁって思う。

余談ですが、自動販売機のジュースで思い出したんだけど、ファンタという清涼飲料水ありますよね。
日本では、ファンタ・オレンジとか、ファンタ・グレープとか、ファンタ・アップルとか・・・
色んな種類があるけど、ここにはファンタ・オレンジしかないんです。
だからここでは、ファンタ・オレンジのことを一言で『 ファンタ 』って言うの。
初めてマクドに行った時、「ファンタ・グレープください。」って言ったら、売り子のお姉ちゃんに
笑われました。 「ファンタはオレンジでしょう。(笑)」って。^^;

ということで、オーストラリアを旅する時の注意点ふたつめ・・・
『 ファンタはオレンジしかありません。』
『 注文する時は、ファンタとだけ言いましょう。』 これ忘れると、笑われちゃいます。(笑)

あぁぁぁ・・・ ファンタ・グレープ飲みたい。(涙) < まじ

1998.04




**HOME**